本文へ移動

オレットドアとは

オレットドアとは

  • 従来の丁番をギア蝶番システムにすることで滑らかな開閉と多彩な開閉パターンを実現した省スペース・高機能・バリアフリーであらゆる環境に対応する折り戸ドアです。
  • 戸袋を必要とせずに狭いスペースでも対応できます。小さなお子さまからお年寄りの方でも優しく開閉が可能です。既存の枠を利用し、大掛かりな工事を必要とせず取り替えが可能でリフォームにも適しています。材質を問わず、あらゆる場所で使用していただけます。
  • 開閉が滑らかで快適です。特殊ギア丁番により、小さな力で開閉が可能です。
  • 狭い間口、広い間口にも対応しています。そして省スペース。開閉スペースも従来のドアの1/3~1/5です。
  • セーフティギア丁番を使うことで、指挟みを最小限にしました。完全フラットのバリアフリー商品です。
  • 内・外、両方向どちらからでも押しても引いても引き戸感覚で開閉できます。その場を動かなくても開閉が可能です。ドアを開けて手を離せば、自然に元の位置に戻ります。(自閉タイプのみ)

オレットドアの導入メリット

子供からお年寄りまで様々な年代が使用しても大丈夫な安心・安全・バリアフリー。
オレットドアを導入することで、様々なメリットがあります。

バリアフリー

床レールなしで完全フラットなバリアフリー。住み慣れた家でも思わぬ段差が原因で不慮の自己にあうことも意外に多いものです。バリアフリーによって車椅子やお子様の乗用玩具も安全に通行できます。省スペースドアとして、他のドアでは車椅子開口がとれない間口でも通行可能になることも。自閉タイプは、開けて手を離せば自然にゆっくりと元の位置まで戻ります。立ったその場を動かないで開閉できるので、楽に開閉できます。大きな扉も指1本で開閉できる軽くなめらかな動きです。

省スペース

F型は自閉式のため、子供などが冷房・暖房中の部屋のドアを開けっ放しにすることなく、いつも勝手に閉まってくれるドアです。「そこのドアきっちり閉めてー!」なんて叫んでいませんか。電気も使いません。バネ式の自閉装置で静かにゆっくりと閉まります。自然の風を入れたいときは、開けっ放しにしておくこともできます。戸袋が必要ないので、間口のスペースだけでOK。戸袋部分は空スペースとして活用できるので部屋を広くご使用できます。

安心

既存枠を利用して、扉だけを取替することもできます。基本面材はエコシート(F★★★★規格対応、環境ホルモン基準クリア)を使用しています。

安全

セーフティギア蝶番システムは、危険な隙間が最小限で指鋏みの心配がありません。小さなお子様や高齢者の方にも安全な蝶番システムです。自閉装置付のF型やワンスイングドアなどは、ゆっくりと閉まるので、からだへの跳ね返りもありません。セーフティギア蝶番システムは20万回の開閉試験をクリアしています。
TOPへ戻る