本文へ移動

オレットセーフティとは

オレットセーフティとは

  • 手動・自閉ともに扉を両方向に動かすことができます。(※但し、手動の場合で戸当り等を付ける場合は片方向になります)
  • 強靭ですっきりとした【プレート付SUSギア】を標準装備。(※但し、一般住宅手動用のみ樹脂ギア仕様あり)
  • すべての商品に床レールがないバリアフリー。
    自閉装置は吊元ポールの中に内蔵されているのでドア上部はスッキリとしたデザインを確保。

オレットセーフティのしくみ

オレットドアは、同時開発したダンパーやセーフティギアなどによってドアの閉まる力を制御したり、 戸が折れる際の安定した動きを実現しています。

オレットセーフティ セレクト蝶番システム

装置各部の名称と機能

名称
対応重量
機能内容
1.プレート付ギア
  • 通常品
    30kg~60kg
  • 重量用
    ~70kg
SUSギア・樹脂ギアなどのギアにプレートを付け、そのプレートを扉にビス留めすることでギアへの重量負担が軽減し、耐久性が増し、より開閉の動きを安定させています。
ギアカバーとセットされているため上下のギア部での巻き込み指鋏みなどを防止した安全性も保持されています。
※各種ギアについては下記ギアの種類参照。
2.エアダンパー

ワンツードアF型(自閉タイプ)に使用。閉まる力を制御し、自然にゆっくりと閉まります。
3.吊車、吊レール(ワンツー用)
~70kg
6輪ランナーにより、軽くしなやかな動き。ワンツードア手動用、自閉F用、ワンスリードア用があります。吊レールは長・短、ワンツードア用、ワンスリードア用があります。
4.吊車、吊レール(ワンスリー用)
~70kg
6輪ランナーにより、軽くしなやかな動き。ワンツードア手動用、自閉F用、ワンスリードア用があります。吊レールは長・短、ワンツードア用、ワンスリードア用があります。
5.リターンヒンジ
  • 通常品
    ~重量用まで
自閉開ヒンジ。扉を開いて、手を放すと、静かに元の位置に戻ります。安定した動きを維持します。故障や劣化の少ないスプリング構造で長く安心して使用できます。重量に応じての対応。

オレットセーフティ セレクトポールの種類

アルミ仕様

スタンダード

アルミ部分が気にならない場所。病院・公共施設など向き、窓を開けておしゃれな感覚にもできます。

パネル仕様

扉の面材とあわせて同色/異色に

アルミ部分が気になる方に。一般住宅や暖かい雰囲気が必要な場所に。おしゃれに明かりを採りたい方に。

採光仕様

アクリル等を入れて光を取り入れる

アルミ部分が気にならない場所に。病院・公共施設など向き、窓を開けておしゃれな感覚にもできます。

オレットセーフティ ギアの種類

ステンレスギア(SUSギア)

通常用(30kg~60kg)

樹脂ギア小(厚6㎜)

樹脂ギア大(厚12㎜)

補修用ギアについて

補修用に必要な部品は小売り致します。プレートのついているタイプとついていないタイプがあります。どのタイプのギアが必要か確認の上ご連絡下さい。樹脂ギア大が付いている場合、強度が必要であれば複合ギアに取り替えることも可能です。
ポールタイプ用プレート
セレクトタイプ用プレート

ラッチ錠(両方向用マグネットラッチ)

オレットセーフティは、すべて上枠の見込センターで扉が納まります。一般のラッチでは、ラッチが常に飛び出ているためタテ枠にぶつかりキズをつける恐れがあります。
マグネット式ラッチ錠は錠ケースのラッチ部分が磁石式で、扉が閉まるときに飛び出しラッチ受(ストライク)にかかる仕組みです。
※このラッチ核芯に適合のハンドルをご使用下さい。
枠側 ラッチ受
扉側 ラッチ

システム金物のみの販売について

オレットセーフティの各種金物や補修部品なども販売しております。
旧型の補修部品の場合もお問い合わせください。
TOPへ戻る