本文へ移動

沿革

昭和05年
  • 富山市綾田町にて高松建具店創業
平成2年
  • ㈱ティーアンドティー・タカマツタテグ設立、代表取締役に高松俊郎就任
平成6年
  • 販売部門㈱ユニット販売を富山市水落60番地の1に設立
平成11年
  • オレットドアシステムの共同開発を開始
平成13年
  • ㈱ティーアンドティー・タカマツタテグ事務所、工場を同所へ移転
平成14年
  • オレットワンツードアF型にて富山県経営革新支援法の承認〔経支第287号〕
平成15年
  • オレットワンスリードアにて富山県創造法の認可〔経支第263号〕
平成16年
  • ㈱ユニット販売をオレットドア販売㈱に社名変更、オレットドアメーカーとする
  • ワンツードアF型、ワンスリードアにて富山県総合デザインセンター富山プロダクツ商品に認定
  • ワンツードアF型、ワンスリードアにて富山県社会福祉協議会「やさしい福祉のまちづくり賞」受賞
  • 吊元で指挟みのない安心安全セーフティギア蝶番を開発・発表
平成17年
  • ワンツードア、ワンスリードア(ポールタイプ)にて、富山県トライアル発注商品に認定
  • 「すべての人に優しいドアの製造 経済産業省中部経済産業局新連携事業に認定
平成20年
  • 商品名総称をオレットセーフティと名称変更
平成21年
  • セーフティギア丁番セレクト仕様にて、中小企業庁「2009元気なものづくり中小企業300選」に選定
  • セレクトドアにて富山県総合デザインセンター富山プロダクツ2009に認定
  • セレクトドアにて富山県トライアル発注商品2009に認定
TOPへ戻る